先日のラウンドで、ティーマーカーに設置してある灰皿の位置が、左右のグリーン位置を示すものだと同伴者が言っていたので初めて知りました。
目からウロコというか、衝撃の事実でした、タバコ吸うので、ただの灰皿から大幅に意味のあるものに格上げですw

割と当たり前な事なんですかね?何処にも記述されているのは見たことないし暗黙の了解?
裏をとったわけではありませんので、次回以降ラウンド時に確かめたいと思いますw

ほとんどの場合、2打目まで進めば大概ピンが見えるし少し前進して確認すればよいので、気にしていませんでしたが、打ち上げでピン奥とか微妙にブラインドとかだと、少し前進しただけは見えない場合があり困っていました。

GPSの左右設定を落ち着いているティーグラウンドでできるので、しょーもない番手ミスする確率も減らせそうです。GPSに依存しすぎると、駄目だとわかり目測もしていますけどね、やっぱりたまに間違っています^^;

こんなんありませんか?数十年越しで知った事実とかねw

追記
その様にしているゴルフ場もあるのですが、必ずしもそうではないようです。
ゴルフ場次第と言った感じが真相の様ですでのご利用は計画的にw