ひとりぼっちゴルファーなのですが、練習器具は、ほとんど使っていません。
とは言っても、いくつか持っているのを紹介

2年前、我流ですから100%手打ちで、それでも90前半がまぐれで出ました。
当時の飛距離は、良く飛んで200yぐらいで、ほとんど180yだったと思います。
このままでは、90を切れないなと考えて、とりあえず手打ち矯正を考えました。

でも、手打ちとボディターン打ちの違いが分からず。
たまたま見た雑誌でみかけて、手を出したアイテムがコレです。

通称バリバリ君
ガリガリ君のパクリみたいですねw
右脇が開くとマジックテープが「バリバリ!」と剥がれる音がします、そのまんま。




・メリット
僕の様に完全手打ちの人が使うと、「体感しやすく」良くわかります。
オーバースイングのチェックにも良いですね。
最初ものすごく窮屈で全然振れません。
体を回さないと振れないんですね。
でも、慣れてくるとコンパクトなスイングでも、手打ちよりも飛ぶことが分かります。
言い換えると、自分がフルスイングだと思っていた振りの、50%ぐらいの感覚でしか振れないのですが、同じかそれ以上に飛び、方向性も安定します。
コンパクトなスイングになるので、つま先上がり、左足上がり、とかの悪いライでも、同様に飛ばせることに気が付きました。

・デメリット
レンジで使うと超恥ずかしいので、左端の打席に逝きましょうw
ボディターンがしっかり出来ている人が使うと何も意味が有りません。

初心者や「今のショット、手打ちだったよ」と言われる僕みたいな人にオススメ
あと実感、体感できないと納得できない人(僕)にオススメですね。

存在を忘れていたのですが、1年ぶりに装着してシャドウしてみたら、テイクバックとフォローに違和感ありましたので、たまにチェックするのも良いかも^^;