パンダ国で劇場鑑賞してきました。
2本目になります、1本目は「君の名は」です。

今回観たのは「戦狼2」という作品で、中国産の作品です。
興行収入が、歴代1位となっている話題作で、
ドンパチアクションです。

もちろん音声は中国語、字幕は中国語と英語です。
細かい事はわかりませんが、なんとかなりますw

わかりやすいので楽しめました。

舞台はアフリカで、元特殊部隊の主人公が、反政府軍と特殊部隊上がりの
テロ集団に襲われる中、一般人と救出しながら戦う感じですわ。

映画好きといっても、大半はハリウッド映画ですから、それなりに毒されてますw
悪くいえば、よくあるドンパチ系なので、正直言うと大ヒットの理由が良くわかりません。

観ていると「あー、こいつ死んじゃうなぁ」と死亡フラグ予測できますよね、
二人ぐらいは気配察知したのですが、予想は外れて死にませんw
あとから聞くと、良い方の主要人物が死んじゃうのを好まないそうです。

文化の違いというか、お約束事が違うんですね~
インド映画は、踊りまくりと聞くしそういうのも面白いですね。

市場がどんどん拡大されているので、規模も現時点でハリウッド並みで、
数年後には、最大規模の市場になるのだと思います。
記録も塗りかえられていくんでしょうね。

本作は、2週間で30億元とか。。。日本円換算で500億円です。
それほどヒットしなくても結構稼げるみたいですので、
制作費にお金かけられそうですね。

検閲やら輸入制限などがあり、制約は多いみたいですが、
規制を緩くして、邦画をもっと輸入してほしいところですね。

ハリウッド系のビッグタイトルは結構上映されてますが、
日本映画は大半はアニメで、それ以外は見かけませんね、
アニメに枠を取られちゃってるのか、検閲で排除されてるのかは、
不明です。

「速度与激情」
↑ハリウッド映画なのですがなんだと思います?
 日本では邦題にしちゃってますので、ちょっとピンとこないかも?
 原題の直訳っぽいですね。