初ラウンドは、25年前ぐらいだと思う。

行くにあたって、わざわざチノパンとジャケットを買ったような気がする、
ゴルフって、スポーツではなく、ゴルフ道に入門したような印象です、
うぜー、めんどくせーって普通に思いましたw

ドレスコード や マナー についてですが、大昔の記憶をたどると、
今現在だとNGな感じが多いですよね。

ただ、当時もポロシャツでOKとか言われてますが、
ポロって、ぶっちゃけ馬ホッケーですやん!?極端なこと言えば、
テニスウェアで野球するみたいなもんです。
この部分に関しては、微妙な感じがしておりました。
ゴルフ道にちょっと噛みつきたくなる気持ちがわかります?w

個人的には、ゴルフ人口が減ってる中では、ハードルを下げて
多少ゆるくなるのも、別にありだと思うんですよね。

大昔と違うのは、機能性の衣料が多く出ていますので、
窮屈さは全くないですよね。

ただ、ジーパンで来る客に何も言わないゴルフ場もどうかと思うけど、
昔は門前払いされそうな気がする、こういうのも、
ゴルフ場(クラブとして)の取り組みだけだと思うんですよね~

以前、作州武蔵カントリー倶楽部にて
一回しか行ったことのないゴルフ場は忘れちゃいますけど、
ここは覚えています。

帽子(バイザー)をかぶったまま、クラブハウスでうろうろしてたんですよ。
そしたら、クラブの従業員(お姉さんだったかな?)が、
「クラブハウス内では、帽子をとってくださいね~」
とさりげなく注意されました。
実はゴルフを始めてから、こういう注意されるのは人生初めてで、
ちょっと感心しました。
このゴルフ場はそういうルールなのだとよくわかりますよね。

マナーといっても、知らないことや、うっかりは気が付かないものですから、
厳罰に処さないまでも、ちょっとした声掛けで向上すると思うんですよね。
うざいと思っていたドレスコードやマナーですけど、
年を重ねて、こういうのもアリだと思うようになりました。

厳格といっても、遵守が難しいわけではないので、
歯止めの利かない、ゆるゆるに流れていくのは、やや疑問を感じます。

クラブ活動ですから、基本はクラブで決める事ですよね。
入会するなら、武蔵みたいなところがいいなと思った次第です。