フライヤーという現象をご存知でしょうか?
ラフから思った以上に飛んじゃった経験が、少なからずあるのではないでしょうか?

理屈としては、ミートした際にボールとフェースの間に葉っぱ等が挟まって、スピンがかからなくなって、球が上がらず落ちてからもスピンが効いてないので、よく転がっちゃうってやつです。

100切り達成前後の頃は、基本的にショート気味だったので、オーバーが無い傾向でした。
平均100切りチャレンジしてる年に、たまにオーバーが出るようになって「ひょっとしてフライヤー?」と思うようになりました。

フライヤーを疑い始めたのは、残り150yでライは、そこそこ深い食われそうなラフ、
上手くいってグリーンオン、食われてグリーン手前でやむなしとの想定で、
7鉄を選択し、結果めっちゃいい当たりで、奥のバンカーへイン、20~30yオーバーしてました。
あまりにも想定外過ぎたので今でも覚えています。

プロの解説ではライの確認でこの1本の葉っぱがどうだろう?悩むそうですね。
僕ぐらいのレベルなら普通にバラつきの方が大きいので、気にする意味が少ないですねw

実際「フライヤーでちゃったー」と自覚する事は少なくて
「やば!いい当たり過ぎた!」と感じる打感の時がフライヤーっぽいですね。

距離を稼ぎたい時はありですね、実際には発生しているのでしょうけど、目標が絡まないと気が付いてませんね、バンカー手前に刻もうとしてるのにバンカーインとかは、フライヤーかもしれません。
基本は結果でしかわかりませんが、球の高さでもわかるのかな?打った時の球の高さとか全然把握してませんので、球の高さに違和感を覚えることは無いので。。。

まあ、フライヤーを気にする前に、改善すべき課題が山ほどありますけど、どのぐらいのレベルの人から気にする様になるんですかね?